ページの表示

URLを入力する

転送が完了したら、実際にブラウザからアクセ スしてページが正しく表示されるかどうか確認しましょう。ブラウザを起動し、アドレスパー にプロパイダから指定された自分のホームペー ジのアドレス (URL) を入力してEnterキーを押します。作成したホームページが表示されれば成功です

ホームぺージを検索エンジンに登録する

検察エンジンは自動的にインターネット上のリンクをたどり、各ページの情報を解析してデータベースに登録します。したがって、どのページからもリンクカ慣られていないページは検索対象になりません。そこで、プロパイダの会員ホームページのリンク集などに登録するのがはじめの一歩となります。現在人気の高い検索エンジンGoogleでは、他のページからのリンクか多いページを上位に表示する仕組みです。そのため、アクセスアップのために検察順位のアップを望むのであれば、関連するページにリンクをお願いしましょう。こちらからリンク張る連絡をメールでして、その際相互リンクをお願い するというのが一般的な方法です。

他のページからリンクが張られているページであれば、いつかは自動的に検察対象となるわけ ですが、各検察エンジンとも、直接ホームペー ジのURLを登録することができます。ここではGoogleURLを登録する方法を説明します。 Google トップページ(http://www.google. co.jp/) [Google について] をクリックして、 次のページで      [サイトの登録/ 削除] をクリッ クします。URL を入力し、備考欄にキーワードやコメントなどを入力します。オプション欄に表示さ れた語を入力し、 [URLの追加]をクリックして、手続きは終了です。

検察対象とキーワードを指定する

HTML文書について、概要や作者、キーワードなどの基本的な情報を、ヘッダ部分にmeta要素を用いて記述することができます。 name属性にはその情報の種類を表す名前、 content属性には具体的な値を示します。ここでは、検察エンジンの検察対象になりうる、キーワード (keywords) 、概要 (description) を指定しています。

Google ツールバーを使うとブラウザに表示中のぺージ の重要度を表す [ページランク] を見ることができます。 自分のページのランクを見たり、ランクの高いページを調べて相互リンクを張ったりしてアクセスアップにつな げることができます。 Google ツールパーは [Google に ついて] ページからダウンロードできます。

ホームページにアクセスがあるたびにカウントがあがる アクセスカウンタは残念ながら HTMLCSSで作成することはできません。自分で作成するには CGIというプログラミングの知識が必要ですが、プロパイダが簡単に設置できるカウンタを用意している場合もあるので、 確認してみましょう。